うつになったのでニート生活してみる

うつでニート中の27歳男のブログ

生きることに価値を見いだせない

 昨日の記事でも述べたように、ニート生活も経済的に限界が迫ってきて、次にどう進もうか悩んでいるのだけど、考えれば考えるほど生きることに価値が見いだせなくなっている。

 今までも生きてきてしんどい思いばかりしてきたし、これからもそれが続くのかと思うと、どうしてそこまでして生きなければならないのか疑問に思えてくる。
 いや、そもそも「生きなければならない」という前提がおかしいのではないか。
 そういえば、ネット上のどこかで「生きる権利はあっても、生きる義務はない」という言葉を見たことがあるけど、本当にその通りだと思う。

 ただ問題なのは、生きる義務がないとしても、生から逃れること、すなわち自殺することはそんなに簡単ではないということだ。
 いや、厳密に言えば自殺するのは簡単だろうけど、そこに苦しみが伴わないような死に方は難しいだろう。
 私は死に対する恐怖はまったく無いのだけれど、死という結果に至る過程に苦痛が伴うことには恐怖を感じる。

 何か楽に死ねる方法はないだろうか…、昨日の夜中あたりからそんなことばかり考えてしまっている。