うつになったのでニート生活してみる

うつでニート中の27歳男のブログ

惰性で生きている

 最近、少しうつ病の回復の兆しみたいなものが見られてきた。
 
 具体的に言うと、まず希死念慮に捉われることが少なくなってきた。以前は一日中希死念慮に捉われている日が多かったのだけど、最近は希死念慮がまったく生じない日もある。まぁ完全に消えたわけではなくて、ときどき「死にたい」と思うことはあるのだけれど。
 また、睡眠も6時間ぐらいは中途覚醒することなく眠れるようになった。健康なときは7時間半~8時間ぐらいは寝てたので、まだ寝不足気味ではあるけれど。
 
 一方で、意欲が湧かない感じが続いている。何もやる気がしなくて、ボーっとしている間に一日が終わってしまうこともある。
 希死念慮が生じることは少なくなってきたけれど、生きる意欲は湧いてこない。生きることに意味や喜びを見いだせない感じだ。
 「じゃあ何で生きてるの?」と問われれば、答えは「惰性で」だ。積極的に「生きたい」とは思わないけれど、何となく今まで生きてきたから惰性で今も生き続けている。
 
 あと、死ぬのが面倒だというのもある。
 まぁ、ただ死ぬだけならそんなに面倒ではない。ビルから飛び降りるなり、電車の前に突っ込むなりすればいい。別に死に対する恐怖もないし。
 でも、死という「結果」に対する恐怖はなくても、死という結果に至る「過程」において痛みや苦しみが伴うことには恐怖を感じる。だから、死ぬとすれば楽な死に方、つまり痛みや苦しみを伴わない死に方をネットなどで調べたり、必要な道具を買い揃えたりしないといけない。それが面倒なのだ。
 
 そういう意味では、意欲が低いからこそ私は生き延びているのかもしれない。楽な死に方を調べたり、道具を買い揃えたりする意欲すらないから生き延びているのかも。
 そうだとすると、意欲が回復しだしたときに自殺しないよう気をつけた方が良いのかもしれない。
 
 まぁとりあえず、私は今日も惰性で生き延びています。