読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うつになったのでニート生活してみる

うつでニート中の27歳男のブログ

その他

人の命の重さが平等だとは思えない

私は人の命の重さが平等だとは思えない。 これはたぶん私だけではなく、多くの人がそうなんじゃないだろうか。 だって、見知らぬ赤の他人が事故か何かで10人死んだというニュースを聞いてもそんなに悲しいとは思わないけど、身近な人が1人死んだら悲しいと…

個人の努力でどうにか出来ることなんて高が知れてる

人生において、個人の努力が不要とまでは思わないけれど、大抵のことは運で決まるんじゃないかと思う。 例えば、生まれた環境とか。 私の場合、生まれたときの環境はそこまで悪くなかったと思うけど、私が小学2年のころにある出来事がきっかけで両親の仲が…

ニートの恩恵

ニート生活を始めてしばらく経つけど、ニートの一番の恩恵は「いつでも昼寝ができる」ことではないかと感じている。 ただし、これは「うつ病患者にとって」という意味だが。 うつ病に付き物なのが睡眠障害だ。寝ようとしてもなかなか寝付けない、寝ても途中…

ニートとAmazonプライム・ビデオの相性が良好な件

ニートだから時間はあるし、暇なのだけど、時間をどうやって潰そうかここ数日悩んでいた。 それで、悩んだ結果、Amazonプライム・ビデオが暇つぶしに最適だという結論に至った。 Amazonプライム・ビデオとは、Amazonの有料会員がいくつかの動画をタダで観れ…

自分の経歴について

ツイッターの方で、自分はいじめを受けていた経験がある、7年ほど引きこもりの経験があるという話をチラッとしたので、今日は今までの自分の人生について綴ろうと思う。 いじめといっても、私の場合、テレビで取り上げられることのあるような凄惨ないじめで…

他人がどう在るかより、自分がどう在りたいかを大切に

他人がどう在るかより、自分がどう在りたいかを大切にして生きていく。

当たり前のことに感謝

人は「当たり前」と思っていることに対して、感謝の気持ちを忘れがちなように思う。でも、それは本当に当たり前のことなのだろうか。 例えば、蛇口をひねれば水が出てくること、時間通りに電車やバスが来ること、コンビニが24時間開いていることなど。 これ…

「病は気から」という言葉が嫌いだ

「病は気から」という言葉が嫌いだ。 気の持ちようでどうにかなる事もあるだろうけれど、どうにかならない事も多いように思う。 特にうつ病などの心の病は、体の病と違って目に見えないから、「気の持ちようだ」とか「性格のせい」など人の内面的な部分に原…

うつになったのでニート生活してみる

半年ほど前からうつ病で病院に通っているのですが、年末あたりから希死念慮(自殺したい気持ち)が強くなってきたため、医師の勧めもあり休養することに。 幸い、実家暮らしのため衣食住には困らない。せっかくなので、ニート生活を半年ほど満喫させてもらお…